IDPW

IDPW presentsインターネットヤミ市 EVENT: 2012/11/04 http://yami-ichi.biz/1/ インターネットの明るいヤミを目指して 自由の国インターネットとは名ばかり、ほらリジェクトだとか、ほら違法化だとか、 あんまり自由じゃなくなって来ている今日このごろ。 そこで、あえて人と人とが直接プロトコルする、そんなフリマを開催します! インターネットに病み(ヤミ)続けるぼくらに、手と手の触れ合う生あたたかいデータを直リンク!! 開催概要 IDPW presents インターネット ヤミ市 日時:11/4(日) 14:00 – 18:00 場所:旧東京電機大学11号館 17F (TRANS ARTS TOKYO内※) 入場料:500円(TRANS ARTS TOKYO入場料/期間中出入り自由) Facebookイベント:https://www.facebook.com/events/196344163833693/ ※このイベントは旧東京電機大学11号館のビル全体を使って行われるアートイベント「TRANS ARTS TOKYO」の関連イベントとして開催される

IDPW, どうでもいいね!ボタン

どうでもいいね!ボタンリリース http://idpw.org/porto/w/000001/ インターネット中に溢れる「いいね!」ボタン。増えすぎちゃってそろそろ溺れてしまいそう。いいも悪いも義理もとっておきも全部まとめて「いいね!」したい。 そんなあなたにお届けする“どうでもいいね!”ボタンはワンクリックで画面上に表示されている 「いいね!」 を自動でだいたい全部をクリックしてくれる※1、Google Chrome機能拡張です。 GIGAZINE、日刊SPA、秒速SUNDAYなど各ネットメディアで紹介。 どうでもいいね!ボタンを作ったIDPWメンバーは、萩原俊矢くん。 — IDPWが文化庁メディア芸術祭にて新人賞を受賞! http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2012/entertainment/works/16e_Whatever_Button/

nubot-ver2

nubot ver 2. プロダクト http://nuuo.jp/nubot/ よりコンパクトに、様々な色で楽しめるようになったnubot。 BEAMS、東京デザイナーズウィークでの展示など、各所で展開中。 Yahoo!クリエイティブアワード企業の部シルバー受賞、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品受賞。 nubot2 スタッフクレジット: 企画:nuuo(林 智彦、千房 けん輔) ぬいぐるみ製作:徳井 綾 回路設計:堀尾 寛太 機構製作:anno lab 映像制作:Masayuki Iwamoto 撮影協力:渋家、AID-DCC、徳井家、anno lab、DJ ぷりぷり(浅草橋天才算数塾)アートディレクション:幸前チョロ(ロゴ、パネル、会場etc)

nubot×BEAMS

nubot×BEAMS プランニング/ディレクション http://www.beams.co.jp/news/detail/588 nubotのファッション性を開拓するべく、ビームスとコラボレーションを実施。 2012年10月20日(土)~10月31日(水)の間、原宿ビームス3F「トーキョーカルチャート」にて、「nubotでこんにちは展」を開催。 また10/20(土)に開催された渋谷ファッションフェティバルにて、BEAMS TIME(渋谷ビームス)のアイドルとしてnubotが登場し、様々な展示や催しを開催。なかでも「nubot占い」(占い師のパウロ野中氏とコラボレーション)がお客さんに大好評。